SDGs
SDGsへの取り組み

藤田商会は3つの要点を基にSDGs宣言をしております。1つ目は創業の精神、企業理念、経営理念など会社を興した時の想い。
2つ目は社会づくり、人づくりに向けた視点と方策。
3つ目は他の業者と違う当社の強みです。この3つの考えに沿って私たちはSDGs活動に取り組んで参ります。

事業活動を通じたSDGsのゴールに向けた活動(対外事業)

コロナ対策

2030年までに、エイズ、結核、マラリア及び顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症及びその他の感染症に対処する。

交通安全対策

2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。

技術の伝承

2030年までに、全ての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。

新技術開発

2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとする全ての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。

環境にやさしい素材

2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。
自治体などによる廃棄物管理への特別な配慮などを通じて、都市部の一人当たり環境影響を軽減する。

環境にやさしい素材

2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。

事業活動を通じたSDGsのゴールに向けた活動(内部管理)

ジェンダー平等

あらゆる場所における全ての女性及び女児に対するあらゆる形態の差別を撤廃する。

水質管理

2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最小化、未処理の排水の割合半減及び再生利用と安全な再利用の世界的規模で大幅に増加させることにより、水質を改善する。

再生可能エネルギー使用

2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。

労働環境整備

全ての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。

あらゆる差別の廃絶

2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。

働き方改革

全ての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進します。

各種保険加入の促進

福利厚生の充実

女性リーダー育成

環境対応車の導入

IT活用による業務効率化

BCP対策